So-net無料ブログ作成

FTOとりあえず戻ってきました&貴重な出会いがありました [メンテナンス]


エアコン修理&V5症状で預けていたFTOですが、1週間程度の様子見という条件付きですが、戻ってきました。




様子見段階のため、写真類は準備しておりませんので文章のみで・・・。



V5症状は今のところ発生しなくなりました。

コイル交換&オイル入り込み防止のパッキン交換&プラグ交換を行い、症状は出なくなりました。

コイルかオイルが原因ではないか、という予想です。

いっぺんに交換したため、特定には至っていませんが、改善されたので良しとします。



問題は、大苦戦のエアコン修理。

コンデンサー交換でもNG、配管ロウ付けでもNG、さらにコンプレッサー部の配管付け根の部分からの漏れも発覚といろいろあり、最終的には、強力なガス漏れ防止剤(0.5mmの穴でも塞がるという話を聞きました)を注入し、今日にいたります。

とりあえず1週間程度様子を見て、エアコン動作に問題がなければ(漏れていなければ)いいですが・・・。




で、その帰りに貴重な出会いがありました。


とあるお店に入って、買い物をして出てきたところ、私のFTOのとなりにもう一台、きれいな白いFTOが並んでいました。

ちょっと気になってじっと見ていたところ、後ろから男の人が声をかけてきてくれました。

知らない人に声をかけるのには意外と勇気が必要だと思うのですが、ブログ見たことあります、と話をしてくれて、うれしかったです。



そのきれいなFTOオーナーのFTOは、エアクリーナーとホイール以外ほぼ純正の状態で、なんとマフラーは純正の「新品」でした(聞いた話ですが、実際見た目もピカピカでした)。

6A12のNAで、正直なところ、はじめはノーマルマフラーでNAだから特別何か感想なんて出ないだろうと思っていましたが、私の6A13ツインターボとは明らかに異なり、NAらしい吹上がりの良いサウンドでした。

その後試乗させていただき、MIVECを体験させていただいたのですが、MIVECの切り替わりの音がすごく印象的でした。

私は一番最初にインテグラのTYPE Rに乗っていたのでわすが、インテRのVTECの切り替わりの音と比べても、MIVECの切り替わりの音のほうが良い音(というより好みの音)のように聞こえました。

YouTubeとかで見る動画とは全く印象が違いました。

思った以上に甲高く、ノーマルマフラーでもよい仕上がりだと感じました。

6A12のNAは個人的にはアリな存在でした。

6A13をNA化したらこんな感じなのか、それともやっぱり6000rpm付近で頭打ちでNA向きじゃないのか、いろいろ頭の中をよぎりました(笑)



走行距離は結構走ってありましたが、車自体はかなりきれいな状態で、大事にされている感じが伝わりました。



その後いろいろ話を聞かせてもらい、LINEを交換させてもらいました。

かなりの若者で、スマホ操作とかすっごい速かったです(笑)



この年代でほぼ純正に近いFTOの乗り味を知ることができたのは、非常に貴重な体験でした。

オーナーさん、ありがとうございました。




nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。