So-net無料ブログ作成

ツインターボ断念(泣)シングルターボへ変更 [メンテナンス]


エンジンルームのリフレッシュおよびタービン交換を予定していたFTOですが、ツインターボを断念してシングルターボへ変更することになりました。





結論としては、

①干渉する部分の部品(ブレーキラインなど)をあまりいじりたくないということ

②干渉する部分を何度も何度も確認しながらエンジンを載せるよりは、潔く最初からシングルターボにしよう、ということ

③シングルターボだと、パイピングもシンプルになり、吸気干渉がなくセッティングも取りやすい、ツインよりもトラブルが少ない、熱の問題も改善される、整備性もよくなる、といろいろメリットがあるということ

などです。


前オーナー様からの6A13ツインターボという形を残しておきたかったですが、ナッツオートさん流に仕上げていただきたいので、シングルターボという道をとることにしました。

前オーナー様、ゴメンナサイ(泣)



シングルターボ化することにより、またタービンの変更が生じました。

タービンはTD06かT518(10cm)を予定?(私はそこまで知識がないので詳しいスペック・能力がわかりませんが、パワー的な狙いはMAX330-350馬力程度で変わらず)



さとちゃんさんから聞いていた、メイクアップさんのお客さんであるシングルターボのピンクのFTOの写真を拝見させていただき、なるほどなぁ~と感心していたナッツオートさんですが、真似して作るのは嫌だということも言っておりました。


今日の話では、タービンはフロントバンク側に設置予定、リアバンクから排気を集めるために、エキマニは別途製作、コアサポートの一部を脱着式にして(車検には問題ないそうです)、ラジエーターやインタークーラー等の整備性をよくする、ということでした。


大きな進路変更でしたが、また進展がありましたら記事にしたいと思います。




nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。