So-net無料ブログ作成
メンテナンス ブログトップ
前の10件 | -

[ 報告 ] 期待していたみなさん、申し訳ありません [メンテナンス]


これまで当ブログを読んでいただき、書き込みや情報提供など応援していただいていた皆さま、残念なご報告があります。




H29年5月23日時点で、FTOのエンジンルームリフレッシュが ” 完了しない ” ことが確定しました。

ナッツオートさんが、営業できなくなりました。

あまり多くは語りませんが、金銭的な面の問題で、もうすでに会社はなくなっておりました。

私のような、作業途中や完成待ちの状態で待っている方々が私のほかにも多数いらっしゃるようです。

当然、怒る方もいれば、あきらめて車その物を処分された方もいるようです。


肝心のナッツオートさん本人は、稀に連絡が取れるような状態で、以前のような元気で明るい雰囲気はなく、「またチャンスをつかんで仕事できるようにするから、それまで待っててくれないか」との話をされました。

今回に限っては、私は「わかりました」とは言えませんでしたので、「とりあえずまた連絡ください」とだけ言いました。



で、私のFTOの現状のほうはというと、

・エンジンは降ろされてばらされています(組み直し途中状態?)
・OS技研からようやくクラッチが来ました(届いたのは今年の3~4月頃?依頼したのは昨年の7月頃ですけど・・・)
・シングルターボ化、スーパーチャージャー化といろいろ考えていたようですが、進展せず

唯一ことが進んだのは、クラッチがようやく届いたことくらいです。

が、もはや手を付けられる人がいないため、せっかくのクラッチも無駄になりそうです。



ナッツオートさんのあった場所は、現在、別の方が車関係(チューニング以外)の会社として運営しています。

そちらの方々は、チューニングなどは外注になるため、ここからさらに別途費用が発生してしまいます。

いろいろ話をした結果、現実的な選択肢として、

①エンジン乗せ換え等はできないが、箱替えで1台買って、内外装を移植するくらいならできるし、おそらくこれが一番安い

②ナッツオートさん再起を信じ、ひたすら待つ

の2つが出てきました。



私もほぼ1年間車を預けていたので、これ以上待つのは無理です。となると②の選択肢はなくなります。

では①はどうか・・・。

このFTOは、6A13であったからこそ、このFTOだったと思います。

昨年、偶然街中で出会った6A12エンジンのFTOに同乗させてもらってこともあり、6A12もかなり良いフィーリングでしたが、6A13にも大きな魅力があったのは事実です。

6A12搭載の箱替え用FTOを買い直して、内外装を移植するか、別の車にするか、現在悩み中です。

どのみち費用の再捻出が必要であるため、難しい局面です。

さらに、現在は別の会社さんに代わってしまった土地にエンジンがない状態で置かせていただいているため、あまり長い時間放置もできない状態です。

短い間に、何らかの決断をしなければいけません。

前オーナー様の愛情が感じられていた1台であっただけに、今回のようなことになってしまったのは残念です。



今後どうするか、ことが進展したらまた記事にします。

いつも応援してくれていたみなさん、変に期待ばかりを持たせてしまい申し訳ありませんでした。


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

FTO クラッチが・・・そして更なる構想変更「スーパーチャージャー」?? [メンテナンス]

久しぶりにナッツオートの社長さんとお話しができました。

が、残念な知らせが・・・。



特注したクラッチを装着すると干渉が生じることがわかり、再度加工へ出したそうです(泣)

金額も見積もりとだいぶ違うとぼやいていました(泣)

ということで、現状まだ作業進展は無しです。



そしてさらに、これまでの話からまた大きく変わり、今度はスーパーチャージャーにしないかという相談でした。

エンジンスペースとレイアウト的に、これまで考えていたフロントバンクへのターボ設置がやはり難しいかもしれない、ということでした。

ターボ以外の部分も結構難しい点があるようです。

メイクアップのお客さんのピンクのFTOのように、ミッションの上にターボを設置する手もあるようですが、熱の問題があり、ミッションの上には置きたくないようです。

スーパーチャージャーの場合、チャージャー駆動のプーリーは特注する必要がありますが、それ以外はシングルターボ化よりもだいぶ手間が省ける上に、懸念している熱の問題も解消され、フラットなトルク特性になり、パワー的には300馬力前後で、トルクは6A13NA比で+10キロくらい(30~35キロくらい?)、だいぶ扱いやすいのでは、との話です。

6A13のターボは、低速トルクが強烈で、ターボとの相性がよさそうなのは素人の私でもなんとなく感じ取れますが、6A13にスーパーチャージャーの組み合わせはどうなんだろう・・・?

ネットにも情報はないし、未知の世界です。

現在のような強烈な加速ではなくなりますが、乗りやすさ、扱いやすさを狙ってリフレッシュしているので、パワーを落とすことに特に抵抗はないですし、スーパーチャージャーという選択は悪くないかもしれません。

とにかく壊れないよう、かつ乗りやすく、というナッツオートさんの哲学のもと、かなりいろいろ考えてくれていたようです。

今日いきなり話が出たので、これまでの計画から2転3転してしまい、この先どうなるかよくわからなくなりました(笑)

多分スーパーチャージャー路線になると思います。

が、とにもかくにもまずはクラッチ、早くなんとかしてほしいです。

ざっくり予定では3月前までにはいったん慣らしのために納車し、慣らし終了後に再調整、との話でした。

ということで、まだだいぶ先ですが、また何か話が出てきたら記事にしたいと思います。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

クラッチが出来上がったようです [メンテナンス]


今日、お店のほうに行ってみたところ、クラッチが出来上がった、との連絡をもらったよ、との話が聞けました。




これから郵送するようですので、後日届くと思われます。

クラッチの重さ(踏力)は多分半分くらいになったと思う、との話だったようです。

ただし、馬力的には350が上限のようです。



クラッチ到着は1ヵ月以上先延ばしかと思っていたので、とりあえず良かったです。



ナッツオートさんが、ここ最近いろいろ考えてくれていたみたいですが、タービンの位置はまだ最終決定ではないようです(フロント側かリア側か)。

エンジンを載せてみて、スペースの多いほうにしようかどうしようか悩みどころのようです。

フロント側にラジエーターやらボンネット干渉やら、リア側だと狭い上にエキマニの集合部分をどう処理するか、エンジンを載せてから再考するようです。

シングルターボ路線は変更なし。

FTOのエンジンスペースに6A13のターボはなかなか曲者のようです。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

クラッチ全然間に合わず・・・ [メンテナンス]

9月末に使用したいとの要望で作っていただいていたFTOですが、OS技研からのクラッチが全く間に合わず、結局車が仕上がりませんでした。



電話でかなりあおってくれたようですが、話を聞く限りでは対応が結構適当っぽくて、なんだよそれ、というのが本音です。

最初に電話で聞いてもらった時には短期間で出来るって話で、すぐに使用していたクラッチを郵送し、それから1ヵ月以上たつにも関わらず、この結果でした。

むしろいつ出来上がるかもわからなくなってきました。

なんか急にお先真っ暗になった気分です。



友人の結婚式で京都まで行く予定でしたが、間に合いませんでしたので、ミラで行くことになりました。

クルーズコントロールをつけてあるので、ある程度楽はできると思いますが、加速が鈍すぎるんですよね~。

ブルーな気分で事故にだけは起こさないよう気をつけます。




nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

タービン決定!クラッチ待ち状態 [メンテナンス]

久しぶりに車の様子を見てきました。




タービンが購入され、オーバーホールされていました。

タービンは結局T618Zになりました。

前回検討していたT518は入らないとかなんとか?T618のほうが小さいのでしょうかね(型番の数字は大きいですが・・・)?形状の問題?私は詳しくないのでちょっとわかりません(泣)

が、T618Zも、もしかしたらボンネットに干渉してしまうかもしれない、との予想でした。

IMAG0408_R.jpg


IMAG0409.jpg




エキマニも製作途中でした。

7月末頃に話をしていたOS技研特注のクラッチがまだ届いていないようで、本日電話で確認してもらったところ、カバーの製作中だったようです。

ミッションケースにわずかに干渉するかもしれないので、干渉したら削ってくれ、との話だったようです・・・えっ・・・?


月末に使用したいですが、間に合うかな・・・?


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ツインターボ断念(泣)シングルターボへ変更 [メンテナンス]


エンジンルームのリフレッシュおよびタービン交換を予定していたFTOですが、ツインターボを断念してシングルターボへ変更することになりました。





結論としては、

①干渉する部分の部品(ブレーキラインなど)をあまりいじりたくないということ

②干渉する部分を何度も何度も確認しながらエンジンを載せるよりは、潔く最初からシングルターボにしよう、ということ

③シングルターボだと、パイピングもシンプルになり、吸気干渉がなくセッティングも取りやすい、ツインよりもトラブルが少ない、熱の問題も改善される、整備性もよくなる、といろいろメリットがあるということ

などです。


前オーナー様からの6A13ツインターボという形を残しておきたかったですが、ナッツオートさん流に仕上げていただきたいので、シングルターボという道をとることにしました。

前オーナー様、ゴメンナサイ(泣)



シングルターボ化することにより、またタービンの変更が生じました。

タービンはTD06かT518(10cm)を予定?(私はそこまで知識がないので詳しいスペック・能力がわかりませんが、パワー的な狙いはMAX330-350馬力程度で変わらず)



さとちゃんさんから聞いていた、メイクアップさんのお客さんであるシングルターボのピンクのFTOの写真を拝見させていただき、なるほどなぁ~と感心していたナッツオートさんですが、真似して作るのは嫌だということも言っておりました。


今日の話では、タービンはフロントバンク側に設置予定、リアバンクから排気を集めるために、エキマニは別途製作、コアサポートの一部を脱着式にして(車検には問題ないそうです)、ラジエーターやインタークーラー等の整備性をよくする、ということでした。


大きな進路変更でしたが、また進展がありましたら記事にしたいと思います。




nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

FTO エンジンが降りました [メンテナンス]


ナッツオートさんが頑張ってエンジンを下してくれました。




かなり大変だったようですが、これまで見えにくかった部分もこれでようやく丸見えになりました。


降ろしたエンジンはこんな感じです ↓

P1310936_R.JPG P1310937_R.JPG P1310938_R.JPG P1310939_R.JPG P1310940_R.JPG P1310944_R.JPG



タービンの片側の回転がかなり重かったようで、これがスムーズに回っていればもっと低回転からターボが効いていたかもね、という話でした。



こちらが今回入手したエンジン(7万キロ台) ↓

P1310943_R.JPG


2つのエンジンから使えそうな良い部品・必要な部品を組み合わせ、仕上げてもらいます。

こちらのタービンの回転は問題ありませんでした(OHするかどうかは後日判断)。



懸念していたボディーのサビは、思っていたよりはマシだったようです。

P1310945_R.JPG

P1310946_R.JPG

P1310947_R.JPG


で、今日の話題は 「 クラッチ 」 でした。

ナッツオートさんいわく、クラッチを見て、なにやら普通じゃないとすぐにわかったようです。

私はあまり詳しくないのでわかりませんが、クラッチの構成部品の厚みや大きさ、作りなどで分かったようです。

私がさとちゃんさん(コメントに書込みしてくれた方)から聞いた情報(さとちゃんさんがOS技研の特注を使用しているという情報)をナッツオートさんに以前話していたので、それを元にOS技研さんに電話で確認したところ、OS技研の担当者の方は、6A13にFTOのミッション、という話だけで、特注品を作ったことがある、ということを覚えていてくれたようです。

電話に出たのは開発者本人で、他の車種の流用はできない、という話だったようです。

外したクラッチにも番号刻印があり、OS技研でも履歴が残っていたようです。

非常にすんなりと話が進んだようで、驚きでした。



で、結局クラッチは特注することになりました。

今の技術であれば、今回の狙い値300~350馬力なら、純正踏力+αくらいの軽いクラッチが作れるようです。

昔はできなかったらしいです。

今回外したクラッチは一度OS技研さんに送って、それをもとに新しいクラッチを作ってもらいます。

OS技研さんいわく、特注といっても、それほど難しいことじゃないらしいです。

3、4日で出来るとかなんとか・・・。

見積もりはどうなるやら(怖)


今回外したクラッチはこちら ↓

P1310935_R.JPG


P1310941_R.JPG


P1310942_R.JPG




今後しばらく乗れるよう、今のうちにやれることは徹底的にやってくれるそうです。

1ヵ月くらいで仕上げられると言ってくれましたが、ナッツオートさん本人の体調(病気)も気になるので、無理しない程度に進めてくれるとありがたいです。




nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

FTO エンジンルームリフレッシュへ [メンテナンス]


エアコン修理で預けていたFTOですが、結果的に、エンジンを下してのリフレッシュを行うことにしました。




現状のエンジンルームでは、パーツが多すぎて、エアコンを修理したくても手が入らない=作業できないという状況にあり、直せそうなものも直せないようです。

いろいろ話した結果、

・今ほどのパワーはなくても、もっともっと乗りやすく
・壊れない
・今回のメンテでしばらくは乗り続けられる

という趣旨のもと、エンジンルームのリフレッシュを行うことにしました。


具体的には

・6A13の純正ターボへ変更
・ターボ変更につき、フロントパイプやVProのセッティング等も変更
・重いクラッチも交換
・消耗部品の交換
・ボディサビメンテ
・追加メーター、ブーストコントローラーの交換
・エアコン修理

などでしょうか。


メイクアップさんやメイクアップのお客様(ブログにコメントしていただけた方々)から、エンジンや車の仕様について、ある程度の情報を得ることができてはいるものの、ナッツオートの流儀・哲学にあうようにするため、エンジン仕様を変更することにします。

現状の350~380馬力だとパワーありすぎで危なっかしいということから、~330馬力くらいの仕様になると思います。6A13純正ターボ+αくらいが狙いです。

6A13に関しては、消耗品の在庫があるようで、入手可能なようです。

サビについては、エンジンを下してみないとわかりませんが、これまでの状況から推測するに、ひどい部分が出てくるかもしれません・・・。

それも直してもらいます。

そして肝心のエアコンも!



前オーナー様も現在の仕様で大事に乗られてきたと思いますが、6A13のツインターボという前オーナー様の意思は引き継ぎつがせていただきますので、なにとぞ見守っていただけたらと思います。



集中して作業に取り掛かれば1ヵ月あれば仕上がるそうですが、ナッツオートさんは来客も多く、一人で仕事をされている上に、最近重病にかかってしまったようで、その体で本当に仕事ができるのか心配です(今日は元気でしたが・・・)。

個人的な用事で9月に車を使いたいため、9月までに仕上がってくれればうれしい、とは伝えましたので、体調面に気を使いつつ、とりかかってくれればと思います。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

DIY ミッションレバー交換 & エアコンNGで再度修理へ(泣) [メンテナンス]

ミッションレバーが、N時に真ん中に戻ってこない症状が出ていたので、何とかならないかと思い、DIYしてみました。




症状的には写真のように、レバーが運転席側、助手席側に傾いたまま・・・。


P1300022_R.JPG P1300023_R.JPG P1300024_R.JPG



真ん中に戻ってこないのが問題というより、そのせいで2速→3速に入りづらい、というのが問題でした。

とりあえず、交換すれば直るかな、と思い、たまたまヤフオクで売られていたので、購入しました。

P1300027_R.JPG


ボルトや割ピンをとって、交換しました。これくらいならだれでもできると思います。

P1300025_R.JPG P1300029_R.JPG P1300028_R.JPG



さてどうか・・・・・。

ん?・・・全然変わらない・・・ダメか・・・・。

その場で適当な考えをいろいろ試してみましたが、変わらず・・・。


で、可動部分すべてにさらさらの潤滑油をさしてみると・・・

ん?気持ち程度だけど、レバーが戻るようになった?

調子に乗って、レバーを左右に連続で動かしつつ、潤滑油を少しずつさしていくと、運転席側に傾いたままの症状はかなり消え、助手席側への傾きも多少改善されたような感じがあり、これで乗ってみることに。

内装を戻し、最後にシフトノブを戻すと、明らかにミッションが入りやすくなっていたことに気が付きました。



いざドライブ!

2→3の入りの感触がかなり良くなりました。

テストドライブでは1回も引っかかることなく運転できました。



まだ助手席側(1速2速側)から完全はに戻ってこない状態ではありますが、少なくとも、前よりは明らかに良い感じです。

運転席側からは8割以上戻るようになったと思います。

部品交換が功を奏したというよりは、単純に潤滑が悪かった?のかもしれません。

シフトのワイヤー部分へ油をさしたのが、効果があったのかなと感じています(素人意見です)。

P1300026_R.JPG



とりあえず、これでしばらく様子を見てみることにします。




そして、エアコン修理のその後ですが、残念ながらNGでした(泣)

様子見程度で1週間経過時点では、問題なくエアコンは効いていました。

そしてそこからさらに1週間がが経過した今日、チェックしてみたところ、エアコンはさっぱり機能せず・・・。



さらに、どこからかオイル漏れが出ているのと、ブーストが0.3くらいまでしか上がらない(0.3でも十分速いですが・・・)というトラブルも出て、また悩みの種が・・・。



お店の方と連絡を取り、再度預けることになりました。

お店の方も、ここまでやっておいて直らないのも悔しいから、意地でも直してやる!のお心遣いでした。

頼みます!



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

FTOとりあえず戻ってきました&貴重な出会いがありました [メンテナンス]


エアコン修理&V5症状で預けていたFTOですが、1週間程度の様子見という条件付きですが、戻ってきました。




様子見段階のため、写真類は準備しておりませんので文章のみで・・・。



V5症状は今のところ発生しなくなりました。

コイル交換&オイル入り込み防止のパッキン交換&プラグ交換を行い、症状は出なくなりました。

コイルかオイルが原因ではないか、という予想です。

いっぺんに交換したため、特定には至っていませんが、改善されたので良しとします。



問題は、大苦戦のエアコン修理。

コンデンサー交換でもNG、配管ロウ付けでもNG、さらにコンプレッサー部の配管付け根の部分からの漏れも発覚といろいろあり、最終的には、強力なガス漏れ防止剤(0.5mmの穴でも塞がるという話を聞きました)を注入し、今日にいたります。

とりあえず1週間程度様子を見て、エアコン動作に問題がなければ(漏れていなければ)いいですが・・・。




で、その帰りに貴重な出会いがありました。


とあるお店に入って、買い物をして出てきたところ、私のFTOのとなりにもう一台、きれいな白いFTOが並んでいました。

ちょっと気になってじっと見ていたところ、後ろから男の人が声をかけてきてくれました。

知らない人に声をかけるのには意外と勇気が必要だと思うのですが、ブログ見たことあります、と話をしてくれて、うれしかったです。



そのきれいなFTOオーナーのFTOは、エアクリーナーとホイール以外ほぼ純正の状態で、なんとマフラーは純正の「新品」でした(聞いた話ですが、実際見た目もピカピカでした)。

6A12のNAで、正直なところ、はじめはノーマルマフラーでNAだから特別何か感想なんて出ないだろうと思っていましたが、私の6A13ツインターボとは明らかに異なり、NAらしい吹上がりの良いサウンドでした。

その後試乗させていただき、MIVECを体験させていただいたのですが、MIVECの切り替わりの音がすごく印象的でした。

私は一番最初にインテグラのTYPE Rに乗っていたのでわすが、インテRのVTECの切り替わりの音と比べても、MIVECの切り替わりの音のほうが良い音(というより好みの音)のように聞こえました。

YouTubeとかで見る動画とは全く印象が違いました。

思った以上に甲高く、ノーマルマフラーでもよい仕上がりだと感じました。

6A12のNAは個人的にはアリな存在でした。

6A13をNA化したらこんな感じなのか、それともやっぱり6000rpm付近で頭打ちでNA向きじゃないのか、いろいろ頭の中をよぎりました(笑)



走行距離は結構走ってありましたが、車自体はかなりきれいな状態で、大事にされている感じが伝わりました。



その後いろいろ話を聞かせてもらい、LINEを交換させてもらいました。

かなりの若者で、スマホ操作とかすっごい速かったです(笑)



この年代でほぼ純正に近いFTOの乗り味を知ることができたのは、非常に貴重な体験でした。

オーナーさん、ありがとうございました。




nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - メンテナンス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。