So-net無料ブログ作成
検索選択
カスタマイズ ブログトップ
前の10件 | -

L275V ミラ に クルーズコントロール LC210 を取り付ける ⑦稼動&微調整 [カスタマイズ]

仕事移動用に購入した L275V ミラ に、クルーズコントロールを取り付けて、長距離移動を楽にしようと思い、FTOの時と同じ、シリアスのクルーズコントロールを購入しました。


シリアス
http://www.seriouswave.com/

リニアクルーズ Linear Cruise
LC210 クルーズコントロール


取付車両
ダイハツ ミラ TLグレード
GBD-L275V バン
H20年9月
KFエンジン




テストも問題なく、いよいよ実働です。


60km到達→セット!→ブォーン!?→65kmまで加速→60kmまで失速→60kmで速度を保つも、あからさまなアクセルONとOFFの繰り返しで、無駄なアクセルONの多い60km走行

セットした瞬間に少しびっくりしました(苦笑)

速度安定後の無駄なアクセルONOFF(ワイヤーの引きすぎ/戻し動作)はかなり不快で、燃費にも影響があるだろうと感じましたので修正しました。



感度調整という設定項目があり、感度を4つ下げる方向に調整したところ、セット後の無駄な加速と、速度安定後のあからさまなアクセルONOFFがだいぶ改善されました。

それでも、若干のアクセルONOFFの繰り返しはでますが、速度70km以上であれば、この症状はほとんど気になりません。

60km以下だと若干気になります。

まぁ60km以下でクルーズコントロールを使用することはほとんどないと思うので、このくらいのセッティングで妥協しました。

セッティングも無事完了し、長距離快適仕様になりました。



軽自動車のような非力な車の場合、アクセル開度が大きくなりがちなので、そのへんを自動で制御してくれる点は、移動距離が長いほど、足の疲れの軽減に大きく貢献してくれると思います。

実際、取り付けた後の長距離移動では、相当楽になりました。

あとは故障しないことを祈ります・・・。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

L275V ミラ に クルーズコントロール LC210 を取り付ける ⑥テスト [カスタマイズ]

仕事移動用に購入した L275V ミラ に、クルーズコントロールを取り付けて、長距離移動を楽にしようと思い、FTOの時と同じ、シリアスのクルーズコントロールを購入しました。


シリアス
http://www.seriouswave.com/

リニアクルーズ Linear Cruise
LC210 クルーズコントロール


取付車両
ダイハツ ミラ TLグレード
GBD-L275V バン
H20年9月
KFエンジン



時間のかかった取付ですが、これでようやく動作確認ができます。


テストとして、

接続テストA(ブレーキや操作スイッチレバーの動作確認)
スロットル制御テストB(アクチュエーター動作確認)
車速信号接続テストC(車速を拾えているかの確認)

がありますが、全部問題ありませんでした。

一番気になると思うスロットル制御テストBについて、動画をUPしてみましたので、ご確認ください。

ワイヤーのストッパーの位置を見ていると動きが見やすいと思います。

https://youtu.be/Z_khiGM_1uE


7秒・・・アクチュエーターがワイヤーを引っ張り始める
41秒・・・エンジン回転が徐々に上がり始めます
1:03秒・・・エンジン回転を下げ始めます
1:15秒・・・キャンセルをかけ、ストッパーが緩みます


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

L275V ミラ に クルーズコントロール LC210 を取り付ける ⑤仕上げ [カスタマイズ]

仕事移動用に購入した L275V ミラ に、クルーズコントロールを取り付けて、長距離移動を楽にしようと思い、FTOの時と同じ、シリアスのクルーズコントロールを購入しました。


シリアス
http://www.seriouswave.com/

リニアクルーズ Linear Cruise
LC210 クルーズコントロール


取付車両
ダイハツ ミラ TLグレード
GBD-L275V バン
H20年9月
KFエンジン




めんどくさい作業は終わりましたので、ざっくり見ていきます。

エンジンルームはこんな感じです。

P1170717_R.JPG


メインユニットに配線コネクタを差し込み、目立ちにくい場所に配線を隠し、固定します。

P1170721_R.JPG


P1170722_R.JPG



次はテストモードで試運転を行います。

別記事にて。


クルーズコントロールの設置はこれで2回目でしたので、今回は1日で出来るだろうと思っていましたが、結局2日かかりました。

設置場所の検討と設置方法が最初から決まっていれば、1日で取付は可能でしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

L275V ミラ に クルーズコントロール LC210 を取り付ける ④操作スイッチ [カスタマイズ]

仕事移動用に購入した L275V ミラ に、クルーズコントロールを取り付けて、長距離移動を楽にしようと思い、FTOの時と同じ、シリアスのクルーズコントロールを購入しました。


シリアス
http://www.seriouswave.com/

リニアクルーズ Linear Cruise
LC210 クルーズコントロール


取付車両
ダイハツ ミラ TLグレード
GBD-L275V バン
H20年9月
KFエンジン




今度は操作スイッチ(レバー)の取付です。

取り付けたい位置に目印をつけて、ステアリング下部分のカバーを外します。

P1170697_R.JPG

カバーにドリルで穴を開けて、スイッチの配線を通し、スイッチを固定します。

P1170698_R.JPG


P1170699_R.JPG


P1170700_R.JPG


スイッチの配線には最初はコネクタがついていませんので、穴に線を通した後、線の色と同じ色の場所に差し込みます。

P1170701_R.JPG


あとはメインユニットに差し込むだけです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

L275V ミラ に クルーズコントロール LC210 を取り付ける ③メインユニット配線 [カスタマイズ]

仕事移動用に購入した L275V ミラ に、クルーズコントロールを取り付けて、長距離移動を楽にしようと思い、FTOの時と同じ、シリアスのクルーズコントロールを購入しました。


シリアス
http://www.seriouswave.com/

リニアクルーズ Linear Cruise
LC210 クルーズコントロール


取付車両
ダイハツ ミラ TLグレード
GBD-L275V バン
H20年9月
KFエンジン





今度はメインユニットの配線を行います。

エンジンルームに1本アクチュエーター用の配線(黒チューブで束になっているもの)を出さなければいけないので、まずはこれを出します。

エンジンルームのバッテリーの奥側(助手席側正面あたり)に、ヒューズボックスの配線が通っている部分があり、そこにはゴムのふたのようなものがあるので、そのふたを突き破るような感じで、配線を通します。

P1170680_R.JPG

P1170681_R.JPG

エンジンルームと車内の配線を引っ張ったりする針金や小道具があると便利です。

私の場合は、エンジンルームから針金を車内に送り込み、車内で針金に配線を巻き付けて、エンジンルームへ引っ張り出しました。

P1170684_R.JPG


次はアース(緑色)を設置しました。

ダッシュボード内側のシャシー部分に固定します。

いろいろ場所が選べますが、今回は助手席正面のダッシュボード内側に固定しました。

小物入れの上側になりますので、もぐらないと見えません。

P1170720_R.JPG


次に、車速(青)を取り付けました。

ナビ用にスピードメーター裏から取り出した配線が近くにあったので、そこから分岐させました。

分岐後の動作確認で、現時点でナビ、クルーズ動作にも問題は起きていません。

P1170694_R.JPG


次に、ブレーキ電源(茶/白)とブレーキ信号(茶)です。

ブレーキペダルの上側に、2本の線がついたスイッチがあります。

P1170690_R.JPG


テスター調べる必要がありますが、この2本の線うち、常時12Vがきている線(ブレーキを踏まなくても電源が来ている線)がブレーキ電源(茶/白)となります。

私のミラの場合、緑の線が常時12Vでしたので、緑(車側)と茶/白(LC210側)をつなぎました。

残りの1本で、ブレーキを踏んだ時に12Vがくる線が、ブレーキ信号(茶)となります。

私のミラの場合、緑/白の線がブレーキを踏んだ時に12Vがくる線でしたので、緑/白(車側)と茶(LC210側)をつなぎました。

年式が同じでも、同じ色の配線になっているかどうかはわかりませんので、必ずテスターでブレーキON/OFF時の電圧をチェックして判断してください。

P1170693_R.JPG



そして最後に、ON電源(イグニッション)配線(橙)です。

キーを回した時に、ONの位置で12Vがくる線を探す必要があります。

私はキーシリンダーの部分から取り出しました。

キー差し込み口の反対側に何本も線があるハーネスがあるので、そこからキーON位置で12Vになる線をテスターで探します。

P1170688_R.JPG


私のミラの場合、ハーネス下側右から2番目の黒/白の線が、キーONの位置で12Vがくる線でしたので、これとLC210の橙の線を結線しました。

これも、しっかりとテスターでチェックした上で結線する線を決めるべきでしょう。

P1170689_R.JPG



このほか、任意の配線として、LEDブレーキ配線、キャンセル配線などがありますが、車両によりこの辺の配線の必要性が変わってきます。

私はミラの場合は、上記のアース(緑)、車速(青)、ブレーキ電源(茶/白)、ブレーキ信号(茶)、ON電源(橙)の配線だけでOKでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

L275V ミラ に クルーズコントロール LC210 を取り付ける ②アクセルワイヤー [カスタマイズ]

仕事移動用に購入した L275V ミラ に、クルーズコントロールを取り付けて、長距離移動を楽にしようと思い、FTOの時と同じ、シリアスのクルーズコントロールを購入しました。


シリアス
http://www.seriouswave.com/

リニアクルーズ Linear Cruise
LC210 クルーズコントロール


取付車両
ダイハツ ミラ TLグレード
GBD-L275V バン
H20年9月
KFエンジン





アクセルワイヤーにステーを取り付けて、アクチュエーターで引っ張れるようにするわけです。

結果から先に見せてしまいますが、付属のアクセルワイヤー用ステーを写真のような状態で取付できるように、曲げたり切ったりします。

P1170709_R.JPG


P1170703_R.JPG


P1170702_R.JPG


P1170704_R.JPG


まわりの部品と干渉がないように、ステーの長すぎる部分は切断するほうが良いかと思います。

付属のステーは結構丈夫なので、ガッツリ曲げても折れたりはしませんが、1つしかないので、切断等をする場合は慎重に行きましょう。



適当な仮止め時に撮影した動画ですが、UPしました。

https://youtu.be/m-n_b3aPiPg




そして、アクチュエーターから伸びているワイヤーを、加工したステーに取り付けます。

ミラの場合、ワイヤー出口を固定するいい場所が見つからなかったため、付属の挟むタイプの金具のみを使用し、写真のように固定しました。

純正のワイヤーががっちりと固定されているため、大丈夫かとは思いますが、宙ぶらりに近い状態なので、不安な方はもっといい固定方法を探してください。

固定で来たら、取付したステーとアクチュエーターワイヤー先端に、適度な遊びを持たせたストッパーを固定します。

P1170719_R.JPG


最後に、アクセルを踏んで、ワイヤー部分の動きをもう一度しっかり確認しましょう。

干渉、引っかかり、変なストレス等がなければ、問題ないです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

L275V ミラ に クルーズコントロール LC210 を取り付ける ①アクチュエーター設置 [カスタマイズ]

仕事移動用に購入した L275V ミラ に、クルーズコントロールを取り付けて、長距離移動を楽にしようと思い、FTOの時と同じ、シリアスのクルーズコントロールを購入しました。


シリアス
http://www.seriouswave.com/

リニアクルーズ Linear Cruise
LC210 クルーズコントロール


取付車両
ダイハツ ミラ TLグレード
GBD-L275V バン
H20年9月
KFエンジン





まずはどこに取り付けるか、ですが、FTOの時と同様に、今回も悩みました。

車体に穴あけなどをせずに、今の現状でなんとか設置できそうな場所を探した結果、バッテリーの手前あたりのスペースに決定しました。

なぜかナットがない?、M8のボルトが2本あるので、それをうまく利用したいです。

P1170672_R.JPG


が、そこに設置するためには、段差があり、付属の取付用ステーではうまく設置できないため、ホームセンターでL字に曲がった金具(300円くらい)を買ってきて、穴あけをしました。

P1170673_R.JPG


P1170676_R.JPG


M8ボルト①の面と水平になるよう、L字金具の適当な場所に穴を開けて、M8ボルト②へ固定します。

バッテリーが邪魔になるので、取り外すと楽です。

P1170678_R.JPG


アクチュエーター本体についている金具の穴では、M8が通らないので、金具を外し、ドリルで穴を広げました。

P1170671_R.JPG


P1170675_R.JPG


最後に、アクチュエーターをナットで固定して、アクチュエーターの設置は完了です。

P1170679_R.JPG



ボンネットをしめて、ワイヤーと干渉しないか確認しましょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

セカンドカー L275V ミラ のナビを買い換えました NR-MZ33-3 レビュー [カスタマイズ]


セカンドカーとして購入したL275Vですが、ついていたナビが結構古くて使い勝手が悪かったため、多少出費がかさむものの、ナビを買い換えました。

普段は安い中古しか購入しませんが、今回は珍しく新品購入です。

機種は 三菱 NR-MZ33-3 です。




P1170377_R.JPG
交換前


P1170384_R.JPG
交換後


P1170382_R.JPG

P1170383_R.JPG
ジャンク購入のスピーカー



FTO乗りだから三菱のナビを選んだわけではありません(笑)

BluetoothとSDカードが使えるナビを探していて、始めは中古で探しましたが、どれも3万円以上で、地図データも2011年とか2012年くらいのものしかありませんでした。地図更新を考えると、もっとかかりそう、と思い、中古購入は見送り・・・。

ところが、最新の地図でBluetoothとSDが使える三菱 NR-MZ33-3の存在を知り、新品なのに価格も4万円ほどと、意外と高くないです。

DVD、ワンセグ、mp3、mp4再生など、基本機能も備わっており、コストパフォーマンスが高いです。

ネットで調べた情報では、パイオニアのOEM製品らしいですので、信頼性もそれなりに期待できます。

楽天のポイントキャンペーンなどもうまく利用でき、結果的には5年間の延長保証を付けても41000円ほどで購入できました。


その他、ジャンクで見つけたパイオニアのスピーカー TS-F1620 が2000円だったので、2000円くらいなら出してもいいかなと思って買ってしまいました。


本日取付を行い、珍しく1発OKでした。


最近のナビは、GPSとTV用のアンテナが一体型になっているんですね、知りませんでした。

ワンセグだからからもしれません。


ナビについては、まだ学習機能が働いている段階なので、一概には言えないかもしれませんが、車両位置が若干遅れるような気がします。

誤差30~50mくらいに感じます。通り過ぎそう、と思うくらいです。

慣れもあるかもしれないので、現時点では酷評はしません。


SDカードの使用については、mp3はすんなり再生できましたが、mp4はちょっと手間がかかります。

解像度が400x240でビットレート1.5M以下、30fps以下でないと再生できない模様です。

PCで見ていたmp4動画をただ単にSDにコピーするだけではNGです。

400x240という解像度でmp4動画を見ている人なんていないと思うので、変換処理が必要になります。

この点は減点です。


Bluetoothも意外とセッティングしづらい感じでした。

最終的にはスマホと接続できましたが、そこにたどり着くまでに、認識NGだったのか、手順不良だったのかわかりませんが、結構手間でした。

Bluetoothを通じて携帯の電波を利用し、ナビ上で駐車場の空き台数やガソリンスタンドの値段表示などをさせる機能も備わっているようですが、そこまで望んでいないので、セッティングはしませんでした。



肝心の音についてですが、全く設定をいじらないデフォルトの状態では、パイオニアのスピーカーに交換した後でも、まぁ、こんなもんかな、という感じで、たいして音質向上を感じられなかったのですが、イコライザー機能を使ったところ、化けました!

何種類かプリセットが入っているのですが、「パワフル」というプリセットが一番好みで、低音がかなり強く、高音もしっかりと出ます。

ほかには、スーパーベースとか、ナチュラルとか、ヴォイスとかありましたが、好みではありませんでした。

それほど大きなお金はかけていませんが、これだけの音質が出せれば十分満足です。


使いこんでいくのはこれからになりますが、結構多機能で、総じてコストパフォーマンスの良いナビかと思います。


現状で、あとはクルーズコントロールを取り付ければ、見た目はアレですが、最高の仕事車が出来上がります。

まだ購入していないのですが、何とか安く手に入れたい・・・。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

[ 追記 ] セカンドカー納車 ミラ L275V 不便なのでキーレスにしました [カスタマイズ]

FTOは現在エアコンその他のトラブルで修理中ですが、その間に仕事用のセカンドカーが納車されました。

P1160926_R.JPG

ダイハツ ミラ L275V AT 平成20年式






FTOを修理に預けているナッツオートさんから購入しました。

走行距離120000km、車検丸々2年で乗り出し23万円で購入しました。

好きという車でもなく、走行距離も結構走っていますし、内外装ダメージありで、超お買い得というレベルでもないと思いますが、手っ取り早くて燃費がいい、という理由で購入に至りました。

カタログ燃費はリッター21km、実燃費の正確な数値はまだ把握していませんが、40~50kmの距離の移動で、リッター19kmくらい走っていると思います。

街乗りだともっと落ちると思いますが、それでもリッター15km前後は走っていると思います。

移動車をFTOからこのミラに乗り換えると、ガソリン代だけで年間15~20万安くなりますので、税金や保険を上乗せしても、次の車検までに元が取れてしまいます。

次の車検以降は、ガソリン代が浮いた分だけ手元にお金が増える、ということになり、FTOのメンテナンス費用としても貯めておけます。



この車、FTOを車検で預けている間、ずっと代車として乗っていたので、すでに乗りなれてしまっていた感じはありました(笑)

車として最低限の装備しかない感じで、集中ドアロックもパワーウィンドウもなく、ガソリン給油口やリアハッチも鍵じゃないと開きません。

エアコンはあります。

最小のコストで製造された感が強く感じられる車です。




仕事用の車ですので、あまりお金をかけたくないのですが、不便解消のために早速DIYしました(笑)

今回購入したのは、アクチュエーターつきキーレスエントリーセットです。

P1160925_R.JPG


送料込み3000円程度と安価です。


取り付け場所の決定から、実際の取付、失敗発覚から再度やりなおしという流れで、丸2日もかかってしまいました(泣)

以前にもやったことがあり、余裕だろうと思っていたので、油断していました。

P1160929_R.JPG


P1160928_R.JPG


とりあえず、かなり不便だったドアロックはこれで集中ドアロック&キーレス化できたので、楽になると思います。




今後の計画として、FTOにもつけた外付けのクルーズコントロールキットの取付も計画しています。

1時間くらいの距離の移動を頻繁に行くので、あるともっと楽です。

FTOにつけたクルコンキットは結構高かったので、もっと安いのがないか探してみます。

あとはスマホのスタンドや充電器などの小物も必要です。



FTOに乗る機会が、多分激減すると思いますが、FTOもお気に入りの車なので、2台体制で頑張ります。




[ 追記 ] リアハッチもキーレス化しました

リアハッチも鍵でしか開けられず、不便だったので、頑張ってキーレス化しました。

フロントドアのようにワイヤーがないため、鍵と連動する部分に強引に取付しました。

幸い軽い力で動く部分なので、このアクチュエーターの能力でも十分でした。

P1170055_R.JPG



P1170054_R.JPG


配線も内装の内側を通したので、見た目には全くわからない状況です。

リアのほうは配線を通すのにちょっと手間がかかりましたが・・・。

P1170058_R.JPG


P1170056_R.JPG

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

後付クルーズコントロール LC210 まとめ [カスタマイズ]

後付クルーズコントロール の取付・熱対策が完了し、すべての作業が終わりました。

シリアス
http://www.seriouswave.com/

リニアクルーズ Linear Cruise
LC210 クルーズコントロール



クルーズコントロールの効果はかなり大きく、アクセルワークを一時的に抜けるだけでかなり疲労感が違います。

自力で取付できる方にとっては、4万円ちょいの投資価値はあると思います。

自分でできない方は、工賃を払って取付していただく必要がありますが、15000円くらいまでなら払ってもよいと思います。

工賃が20000円以上かかるようなら自力で頑張るほうがよいと思いました。



私個人の意見として、レバースイッチの取付は、確実に操作しやすい場所を、じっくりと時間をかけて探し出し、妥協しないで固定することをお勧めします。

私はウインカーランプのレバーとぶつかることを嫌い、ウィンカーランプレバーから少し離した位置に取付しましたが、それが裏目に出て、若干遠くなってしまったので、そこは後悔しています。

再度取り付け位置を調整すればそれまでですが、妥協できない範囲でもないので、現状のまま使用しています。


古めの車にこういう機能を後付できる点が、シリアスクルーズコントロールの最大のメリットでしょう。

ありがたいです。


私の車の場合は、改造度合いが大きすぎて、FTOの取付例として参考にするには難しいかもしれませんが、要所はおさえてあると思いますので、参考にしてみてください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - カスタマイズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。